ブログ

【感動】サンタクロースは実在した!?

霊視×経営コンサルティングの友野です。
いつも本当にありがとうございます。

今日はクリスマスですね。
ですので、昨日に引き続き、いつもとは異なる感じでお話をしてみたいと思います。

ところで、あなたは子供の頃、サンタクロースを信じていましたか?

サンタクロースというと、真っ赤な衣装で、白いあご髭が特徴的なちょっと太目なおじいさんというイメージですよね。

しかし、このイメージというものは昔からあったわけではなく、実は、あのコカ・コーラ社が作り出したイメージであるという事をご存知でしょうか?

実は、現在の世界的に有名なサンタクロースのイメージを作り上げたのは、コカ・コーラ社とアメリカ人画家なのです。

コカ・コーラといえば、イメージカラーは赤色ですよね。
そこに意味があります。

コカ・コーラ社の公式サイトには、下記のような記述があります。


(出典元:「赤い衣装のサンタクロース」は コカ・コーラ社のキャンペーンがルーツだった!?

1822年、アメリカの詩人クレメント・C・ムーアは自身の作品のなかで「サンタクロースは大きな顔で丸い小さなおなか、元気いっぱいで陽気な、小さな妖精の太っちょおじさん」だと表現しています。その後100年に渡り、画家たちはこの詩からサンタクロースの姿を着想して思い思いに描いていきます。その姿の多くは小型の妖精のように描かれていましたが、太っていたり、痩せていたり、青や緑、あるいは白い衣装を着ていたりと、統一されたイメージはありませんでした。これほど有名なキャラクターであるにもかかわらず、人々が思い描く確固たる共通イメージもないままに1500年以上の時が経っていたのです。
1930年代に入り、コカ・コーラ社は、より温かみのある人間的なサンタクロースをつくり出し、それをクリスマス・キャンペーンに起用しようと考えました。そして、その創作を1899年生まれ、シカゴ育ちのスウェーデン系アメリカ人であるハッドン・サンドブロム(Huddon Sundblom)に依頼します。
1931年、サンドブロムの描いた「コカ・コーラ」サンタクロースが『サタデー・イブニング・ポスト』の雑誌広告に登場しました。それは、従来のサンタクロースに温かみのある人間的な要素を吹き込み、バラ色の頬、美しい白いあご髭、キラキラ光る瞳、笑い皺のある新しいサンタクロースでした。人々の人気も上々で、その後、1964年までの30年以上にわたり、サンドブロムは40点以上の作品を描き続けます。
【出典元】「赤い衣装のサンタクロース」はコカ・コーラ社のキャンペーンがルーツだった!?

このような感じで現在、世界共通のサンタクロースのイメージがつくられてきたのです。

飲料メーカーによるキャンペーンに登場した姿が、そのまま、現在のサンタクロースのイメージに繋がっているとは、ちょっと驚きですよね。

では、このサンタクロースという人物は、まったくの架空なのでしょうか?

実はそうではありません。

サンタクロースは、トルコのセント・ニコラスというカトリック司教がもとになったと云われています。

実は、サンタクロースという名称も、このニコラスの名前からきています。
セント・ニコラスが英語名に転じサンタ・クロースと呼ばれるようになりました。

ニコラスは、ギリシア南部のパードレという港町の裕福な家庭に生まれ育ちました。その後、トルコ南部のリュキュア地方の司教となります。

ニコラスが司教になる前、ニコラスの近所に3人の娘がいる家族が 住んでいました。

この家族はとても貧しく、長女は結婚したいと思っていましたが そんなお金もなく、そして、彼女は娼婦にならなければならないような追い込まれた状況でした。

それを知ったニコラスは、すぐに行動をはじめます。
ある夜、その家の煙突から金貨を投げ入れます。

その投げ入れた金貨は、煙突に繋がっている暖炉の脇に干していた靴下の中に入りました。
この金貨によって、ギリギリのところで長女は結婚することができました。

そして、次女も同じようにして、救い出します。

三女が危機の状況の時、両親は、もしかしたら、また同じ方が、金貨を煙突から投げ込んでくれるかもしれないと考えました。
今度こそは、その方にお会いし、必ずお礼をしなければと思っていました。そして、その方があらわれるのを、夜になると待っていたのです。

そして、その方があらわれました。
ついに三回も金貨を煙突から投げ入れてくれたニコラスを見つけ出します。

そのニコラスという方が、実は隣人の若者であったと知り驚きます。

両親はニコラスに感謝を伝えます。
しかし、ニコラスは、このことを誰にも言わないようにと口止めをし、何事も無かったかのように、その場を立ち去りました。

このような奇跡のような有名なエピソードが残っています。

このセント・ニコラスが金貨を煙突から投げ入れ、その金貨が靴下の中に入ったということが、現代のサンタクロースに生きています。

なんとも奇跡のようなエピソードですね。
しかし、このように、あなたにも奇跡が起こるかもしれません。

ハッピーメリークリスマス!!!

皆さんにもサンタクロースの奇跡が届きますように!

YouTubeでは、通常通り、ご相談内容にお答えしております。
↓↓↓

音声版はこちらです。
↓↓↓

 

▶イベントのご案内

一杯のお茶によってご縁が繋がり、一杯のお茶をきっかけにして新たな世界に導かれる。すべては、その一杯のお茶からはじまる。

お茶の世界は「スピリチュアル」です。その一杯のお茶がきっかけになり、いままで知らなかった世界を知ることが可能になったりします。

この「スピリチュアルお茶会」では、今回、日本における中国茶道家の第一人者として知られる岩咲ナオコ先生をお招きすることができました。


岩咲ナオコ先生

岩咲先生が淹れる特別な中国茶を堪能しながら、霊視経営コンサルタントの2名によるスピリチュアルな話が聞ける非日常的なお茶会です。

お茶とスピリチュアルな世界が織りなす空間で、新年から、心身ともに、そして魂を癒してみませんか?

自然の恵みであるお茶、魂の故郷を感じるスピリチュアルな話、心と体を調和し、魂を癒すような、おもてなしで、あなたをおむかえいたします。

参加費用についてですが、岩咲ナオコ先生のお茶会は、やはり特別となりますので、通常1万円以上となります。

しかしながら、今回、多くの皆さまに、岩咲先生が織りなす格別なお茶の世界を知っていただきたいという想いがありました。

そこでご相談をしてみたところ、今回に限り、特別価格として、8,000円という価格でご提供できることになりました。

さらに、2020年1月5日(日)24時までにお申込みいただいた方には、早期お申込み特典として、更に2,000円引きとなる早割価格として、6,000円という価格でご提供させていただきます。

迷われている方がおられましたら、早めのお申込みをオススメいたします。

<概要>
◇日時:2020年1月19日(日)14:00〜16:00(開場/13:45)
◇場所:Cafe&Seminar HIGHWAVE
神奈川県鎌倉市大船1-11-7 ヴィコロビル3階
(交通アクセス:JR大船駅下車徒歩約2分)
◇定員:先着20名様
◇料金:早割チケット 6,000円(税込)
※2020年1月5日(日)24時までにお申込み
通常チケット 8,000円(税込)
◇申込期限:1月18日(土)24時迄
※定員に達した場合は期限前に募集終了する場合があります
◇申込方法
下記申込ページよりお申込みください。

↓↓↓
お申込みページ

▶オンラインサロン「あの世とこの世の不思議な研究会」のご案内






価格月額4,000円(税込)
お申し込み詳細はこちらをご覧くださいませ。
↓↓↓
「あの世とこの世の不思議な研究会」オンラインサロン

▶霊視経営コンサルタント公式メルマガのご案内

以前、当ブログで、天からのメッセージを「天言(てんごん)」として毎日、お伝えしておりましたが、このたびメルマガで復活いたしました。
よろしければ、ご登録してみてください。
↓↓↓

▶霊視鑑定についてご案内

あなたは、人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視鑑定」で解決してみませんか?

霊視鑑定は「オンライン」もありますので、誰にも知られずに、
ご自宅からご相談をいただくことができます。
もちろん、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

ぜひ、勇氣を出して、下記をクリックしてみてください。

あなたのお越しをお待ちいたしております照れ

※当鎌倉オフィスにお越しいただいての対面形式もあります。

 

関連記事

  1. せっかく起業するのだからこだわりませんか?
  2. 仕事に生かすモチベーションの上げ方~⑤ベイビーステップ
  3. 起業家なら必須「無から有を生み出す」力を身につける方法
  4. 仕事に役立つエネルギーの高め方~①ニュースをみない
  5. 仕事をする意味~③人間的に成長すること
  6. 使命で起業できるってホントなんですか?
  7. 2020年後半のビジネステーマはチャレンジ
  8. ビジネスの現場でスピリチュアルを生かしている人たち
PAGE TOP