ブログ

【開運】店長の選び方の基準とは?

「霊視による経営コンサルティング」の
友野高広です。

いつも本当にありがとうございます(^^)

今回の経営者の方からのご相談は
次のような内容です。

「美容室を経営しています。現在2店舗目のオープンに向けて準備していますが、
店長候補スタッフの選定で悩んでいます。
どのような基準で選ぶのがいいでしょうか?
アドバイスを頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。」

2店舗目がオープンという事なので
業績は、かなりいい状態なのではないかと思います。
そして、その2店舗目の店長候補の選定で
悩まれているという事ですね。

今回の店長候補の選定基準についてですが
社長ご自身が好きなスタッフを
選ばれていいと思います。

このようにお話をすると

「好き、嫌いを基準にしていいんですか?」

という声が聞こえてきそうですね。

今回の、このような基準にする場合は、
実のところ、三つ前提条件があります。

一つ目は業績がいいかどうかです。

例えば、業績が思わしくないときに
好き嫌いで選んでしまいますと
誤った判断に繋がる可能性が高いです。

このような状態のとき、
社長ご自身のエネルギーが違う方向、
つまりは正しくない方向に向いている場合があり
それが誤った判断に繋がってしまうということです。

逆に業績がいい状態というのは、
方向が合っている、
社長のエネルギーの状態もいい
ということになります。

その状態の中であれば、
好き嫌いで選ばれても問題ないかと思います。

一点、ここでいう好き嫌いについてですが、
イエスマンだから好きというところの
好き嫌いということではありません。

例えば、

お店をよくしていきたいという氣持ちで
社長に対しても意見をはっきりと言う

お客様の視点に立っているかどうか。
顧客志向という観点で物事を考えているかどうか

つまりは、
社長と同じくらいの氣持ちで
お店をよくしていきたい
お店を愛しているかどうか

そこが問われるかと思います。

裏を返せば、そのようなスタッフを
業績がいい社長は好きなはずなんですよね。

これが二つ目です。
お店を愛しているかどうか?

そして三つ目ですが「視点」です。

先ほどの顧客志向、お客様の視点、
そこが大切なんですよ、
ということをお伝えしました。

しかし、スタッフによっては
みている視点が違う場合があるんです。

では、そのスタッフは
どこをみているのか?というと、
「社長」です。

みている先が「お客様」ではなく、
「社長」であったりします。

これ、どういうことなのかというと、
「社長」に怒られたくない
「社長」から嫌われたくない
「社長」の言うとおりにやればいいや
という自己保身のあらわれなんです。

社長の意見には常にイエスで、
社長のご機嫌をうかがい、
一見するとよいスタッフにみえたりします。

しかし、実際には自分の考え持たない、
お客様のことも考えていない
自己保身のスタッフである場合があります。

常にお客様の視点に立って
常にお客様に喜んでもらうことを
考えているかどうか?

これが三つ目の「視点」です。

一つ目:業績がいいかどうか?
二つ目:お店を愛しているスタッフか?
三つ目:お客様の視点にたっているか?

以上、ご参考になりましたら幸いです。

最後までお読みくださいまして、
ありがとうございました。

▶メルマガを開始しました

このメール講座は、次のような方に
役立つ内容となっております。

・使命を仕事にして起業したい
・起業準備をしている
・副業を本業にしたい
・起業したが次の一手で悩んでいる
・起業しているがもっとよくしていきたい
・新規事業をやりたい経営者

そして

●レイキ、運に興味がある、またはもっと知りたい
●起業の仕方・ビジネスの進め方を知りたい
●成功マインドを知りたい

など、起業する前と起業した後の

「考え方」「マインド」「運を味方につける」

という方法が学べる全7回の「無料メール講座」です。
是非、貴方のビジネスにご活用ください。

メルマガ登録はこちらから

▶毎週17時からは「しごとに役立つスピちゃんねる」

毎週木曜日17時よりFacebookライブで生放送しています!

本日、第6回目の9/18(木)放送のテーマは
「名前が持つエネルギー」です。

実は、本日は「苗字の日」らしいです。
明治3年に戸籍整理を目的に、一般市民も「苗字」を持つことが
許されたのがこの日なんです。ところが、一般市民は「苗字」がなくても、
特に問題がなかったので「苗字」を名乗ることはしなかったようです。
そこで、明治8年2月13日(苗字制定記念日)に、
全国民が苗字(姓)が義務づけられたということのようです。

私たちが日常的に使っている「苗字」は、
実は明治3年まで、使うことも持つことも許されていなかった
というもの驚きますね。

さて、そんな「苗字」を含めた「名前」ですが、
そこにエネルギーというものが関わっているということをご存知でしょうか?

「名前」とは、個人の「氏名」以外にも、
会社名や商品名などのネーミングも含まれます。

そんな「名前」が持つエネルギーというものについて、
霊視経営コンサルタントの二人がお話をさせていただきます。

本日9/19(木)17時より番組を、ぜひ、お見逃しないように、ご覧ください!!

番組配信は、こちらからです。
↓↓↓
しごとに役立つスピちゃんねる

▶「仕事にスピリチュアルを生かす研究会」会員募集中!

この度、LINEのオープンチャットを利用したグループ
「仕事にスピリチュアルに生かす研究会」
というグループを立ち上げました。

とにかく「仕事に見えない世界の力」を
生かしていただきたいという強い想いと勢いで立ち上げた
チャットグループなので、どのようにしていこうかは
走りながら考え中でございます。

ご参加された皆さまと一緒に創り上げていければと思っております。

どなたでも、参加できまーす!
ぜひ、お気軽にご参加ください(^^)

ご登録はこちらです。
↓↓↓
仕事にスピリチュアルを生かす研究会

※ご参加にはLINEアカウントが必要です

霊視鑑定・メニュー詳細の確認はこちら
↓↓↓
霊視鑑定(サービスメニューや予約の流れを確認できます)

 

関連記事

  1. 【開運】スピリチュアル好きな経営者は成功するのか?
  2. 仕事をする意味~①あなたにとって仕事とは何?
  3. 【開運】これからは、あなたが主役の時代です
  4. 欲しい結果を得る方法~③望むものだけを考える
  5. 【開運】サービスは対面とオンラインのどちらがいいのか?
  6. 戦え正直者
  7. 成功している起業家は知っている努力と頑張るの違い
  8. 【開運】ノミュニケーションは、しなくてはならないものなのか?
PAGE TOP