ブログ

【開運】本氣というものの正体

幸せな成功をしたい経営者のための
「霊視による経営コンサルティング」の
友野高広です。

いつも本当にありがとうございます(^^)

さてさて、今回は
「本氣」と書いて「たのしい」と読む
についてのお話です。

・・・と

その前に友人から

なんだか最近
全然スピリチュアルじゃないような
内容な氣がするんだけど
まるで精神論的な印象を受けるんだが。

というメッセージをいただきました。

うーん、なるほど。
全然スピリチュアルじゃないよう内容
ですか。

なかなか、うまいですねー♪

え?
なにがですって?

いやー、その、ダジャレですよー
もちろん♪

じゃないよう内容

なかなか、やりますねー。

え?

そこじゃないって!?
しかも、そんなにうまくないって!?

いや〜それほどでも〜

 

 

と、定番のくだりを久しぶりに入れたので、

そろそろ本題にいきたい思います!(苦笑)


注意:私ではありません(笑)

 

「本氣」と書いて「たのしい」と読む
って、なんぞや?

って思いますよね。

いうなれば、コレです。
↓↓↓

本氣になったとき

人は強いです。

そして、本氣になったとき
悪口も言わなくなれば
グチも言わなくなります。

つまり、
悪口を言っている
グチを言っている

というのは

本氣で生きていない
証なんです。


ピッコロ大魔王(出典元:bokete

そうなんです。

つまり、本氣になったとき
そのときにはじめて
人は前だけしかみなくなります。

そして、本氣でやっているときって
楽しくなってくるものなんです。


孫悟空(出典元:【ドラゴンボール×仕事論】

そうそう、こんな感じです。

本氣でやっていると
やばい相手ライバルも出てきますが
わくわくしてくるものなんです。

つまり

「本氣」と書いて「たのしい」

となるんです。

裏を返せば
楽しくないと感じているのであれば
本氣でやっていないのかもしれませんね・・・。

趣味を仕事にすると失敗する

というお話を一度や二度は
聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは、趣味だから失敗するのではなく
その趣味をどこまで本氣でやっていたのか
ということなんだと思います。

本氣でやるとは
命をかけてでも
やるということです。

ようするに
あなたの命使う
ということです。

一言でいうと
使命です。

大切なので
もう一度、言いますね。

使命

です。

あなたのいまの仕事
使命になっているでしょうか?

結局、問われるのは
ここなんです。

次回はこの使命というものについて
お話をしたいと思います。

ではでは。

関連記事

  1. 【開運】霊視鑑定ってどんな感じなの?
  2. 【開運】大切なのは、正しいよりもあなたにとって楽しいもの
  3. 【開運】あなたの車は事故に遭いやすいか?遭いにくいか?
  4. 【開運】不登校の子どもは成功できるのか?
  5. 【開運】あなたは色に力があるってご存知ですか?
  6. 【号外】特典多数!お得なオンラインサロンのご案内
  7. 【開運】親と子にある後継者問題の解決法とは?
  8. 【開運】「いい人」を演じられていないですか?

カテゴリー

PAGE TOP