ブログ

【綾なす縁】*吉日*龍体文字

皆様おはようございます熊あたま黄色い花
霊視経営コンサルタントの桜賀和愛美です。

日本の神代の時代に使われていた神代文字。

その中で最も古い約2600年前に使われていた
と言われる「龍体文字」

このエネルギーは大変高く、
紙面から30センチほど離れてもまだ
エネルギーを感じるほどで、一文字ごとに意味が
あります。そして、実際効果があります。
 

そんな古代文字を使い、
本日の言葉を書いていきたいと思います。

 

※1番から21番は私のインスタグラムに掲載しておりますので、
もしよろしければご覧頂ければ幸いです照れキラキラ
↓↓↓
ベルreisimanami Instagramベル

*—吉日 神社日本富士山 龍体文字—*

 

 

*————————*

 

神代の古代文字23【綾なす縁】

 

神代の時代最古の文字、龍体文字。
そのエネルギーはとても高いです。
その文字で書いた「綾なす縁」

あや‐な・す【綾なす】
・さまざまの美しいいろどりを示す。美しい模様をつくる。

えに‐し【縁】
・えん。ゆかり。

人は一人一人、自分が主人公のドラマを生きている。
紡いでいる。

人々はそれぞれ、その紡ぎを人の紡ぎと交わって
織りなしていく。

人類は多種多様なエネルギーや時間軸の中、
各々の同じようなエネルギー同士で
織りなしたものを1つの絵にし、
歴史となる。

宇宙は、織りなしたその全てが
絵になっていると知り、
平等にどの色も愛す。

ただ、

織りなす絵は、エネルギーの違いで
質も、色柄の種類も、内容も、
何もかも違う。

そして、同じエネルギー同士でないと
織りなすどころか、綾なすことも
できない。

魂の向上即ち、エネルギーの向上。

現世で上昇するには、
己に立ち向かうこと。

今世の絵をどこまで美しくできるかは
ここにかかっています。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ご挨拶
  2. 【しぜん】*吉日*龍体文字
  3. 【魂の輝き】*吉日*龍体文字
  4. 物件
  5. 【悲しみは皆同じ】*吉日*龍体文字
  6. 【散歩】*吉日*龍体文字
  7. 陰陽
  8. 前世

カテゴリー

PAGE TOP