ブログ

【運の良い人とそうでない人の絶対的な違い】7:一瞬の予感を見逃さない

こんにちは!猫あたま黄色い花
霊視経営コンサルタントの桜賀和です。

2月ももう後半…。
3月までに色々とリニューアルの準備を
と思っていたのに時の流れは速いです…。

そんな心を和ませるのは、お花ですね花束

鎌倉には梅があちこちで咲き始めて
とても綺麗です。

 

そろそろリスも活動を始めるかな?と思っています。
活動てきな猫たちにも早く会いたいです。

・・・花粉は先行して来てるケド・・・。

桜の咲いた建長寺に、また足を運びたいです桜

 

 

【運の良い人とそうでない人の絶対的な違い】

 

7回に分けて回答させて頂くシリーズダルマキラキラ

最終回!

 

 

————————————————-

 

7:一瞬の予感を見逃さない

 

————————————————-

 

 

 

「ここに行こうよ」

 

 

 

誰かが貴方にそう笑いかけ、

貴方は友人であるその人の指の先を見る。

 

が、

 

『ん?…』

 

 

 

そのお店を見た瞬間、嫌な感じがした・・・。

 

 

 

そんなようなこと、無いでしょうか?

お店だけではなく、人だったり、案件だったり、

何かを目の前にした時

 

 

嫌な感じがする

 

 

それは本当にささいなことで、

その予感が何故だか分からない事すらあります。

 

 

上記のような例の時、

あなたならどうしますか?

 

 

「気のせいだな」

 

とそのまま突き進みますか?

 

 

運の良い人は“やめる”という判断をします。

 

「ちょっといい感じしないわね。やめておこう」

 

そして思考は次の良い場所を探しています。

ここでそのまま悪い予感のまま突き進むと

 

「やっぱり・・・」

 

なことが起きます。

 

 

 

 

その逆もしかりです。

ちょっと今の時点でどうかと思う事も、

キラリと光って見えるような事があり、

決断すると良いことが起こり、

 

「やっぱり決断して良かった」

 

と、なります。

 

 

 

この一瞬の予感。

一秒とかそんな長い時間ではなく、

刹那より短い時間に瞬間的に起こるものです。

 

 

 

それを、気のせいと思うか?

自分の直感と思うか?

 

 

それによって奇跡と呼ぶものが起きるか起きないか

が分かれてきます。

 

 

 

しかも、この奇跡と呼ぶもの。

チャンスや、運と呼ばれているものは、

事前準備が必要です。

 

 

動画の中で師匠はチャンスの事を

こう話しています。

 

「女神様は前髪しかないという話しがあります。

(過ぎ去ったら後ろに髪は無いので掴めない)

チャンスを掴めるようにしておくことが必要です。

 

準備をしていればつかめるはずです。

突然チャンスは来ます。

 

気づかない

気づけない

 

は、準備ができてないから」

 

 

 

準備八割と、良く言いますが、

本当にそうです。

師匠を見ていると気たるべき

「チャンス」のために事前に準備していますし、

奇跡がいつ起きてもいいようにしています。

 

 

なので、突然来て

「大変だ!凄いことが起きてしまったぞ!」

 

ではなく、

「来たな…。さて、どうしていこうかな?」

 

こんな感じです。

次の段階もいくつかどうするか考えています。

 

これらを遡ると辿り着くのは、

 

「自分は運が良い」と思っている

 

というところです。

 

 

 

 

「じゃあ自分は無理ね・・・」

 

 

 

と思われた方。

そうではないのです。

 

「自分は運が良い」というマインドセットなので、

今がどうだろうが、

これまでがどうであろうが

関係ないのです。

 

人には元来、運が良い悪い、というものは無く、

自分がどうなりたいか?によって、引き寄せたり

遠ざけたりするものなのです。

 

 

 

 

 

今、あなたは運が良いでしょうか?

 

 

 

 

 

今目の前で起きている事は、

あなたが望んだ世界です。

あなたが望んで引き寄せているのです。

 

 

 

 

 

あなたは、どうなりたいのでしょうか?

 

 

 

 

 

もし、運が良くなりたいとお思いのようでしたら、

 

「自分は運が良い人だ」と、決めつけてください。

 

それに伴い、行動を運が良い方向へ変えてください。

 

そうすることによって、自分の予感を信じられるようになり、

予感もますます磨きがかかっていきます。

 

ますます、運が上がっていきます。

 

 

 

7日間にわたってご紹介した記事によって、

人生を向上させるヒントとなることを願います照れ

 

 

 

 

桜賀和

 

 

 

 

 

動画は1分~3分と短くなっているので、

お忙しい方でもサクッと見れると思います。

宜しければ動く桜賀和と師匠をご覧ください。

 

キラキラダウンキラキラダウンキラキラダウンキラキラ

 

 

 

 

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

NEWお話し会が変わりますNEW

 

日頃からご愛顧頂いている「あの世とこの世のお話し会」が

3月から名称と共に、内容もグレードアップします。

題して、「魂の開放授業」です。

 

 

 

 

 

 

より、ご参加者の皆様と密接に、

そしてより実践的に、深く。

 

 

使命や宿題(カルマ)、人の生、

ご参加者様の魂を開放する授業です。

 

 

 

私たちは、神様と、守護霊と、自分の魂で

打ち合わせをしてから生まれてきました。

神様と守護霊さんと考えた、

幸せになるシナリオと共に。

 

 

 

「喜びの人生を!」と。

 

 

 

それを、思い出す授業のチャイムを鳴らしましょうベル

 

乞うご期待ください(*^^*)

 

(遠くてご参加できない方は、

是非オンラインサロンをご検討ください。

会員様だけにアーカイブを残しております)

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

ドア 我が師匠のブログ ドア

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

 

自分の使命が知りたい。守護霊と話してみたい。

自分の前世を知りたい。自分のカルマを知りたい。

前世の姿を見たい。

↓↓↓

宝石白霊視鑑定お申込み宝石白
宝石白前世鑑定のお申込み宝石白

宝石白お客様の声宝石白

 

マイナスエネルギーを受けないようにしたい。

使命や天命からみた最善の人生を歩みたい。

運が良くなりたい。

↓↓↓

宝石白REIKI:レイキ伝授お申込み宝石白

宝石白レイキお客様の声宝石白

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

▶霊視経営コンサルタント公式メルマガのご案内

以前、当ブログで、天からのメッセージを「天言(てんごん)」として毎日、

お伝えしておりましたが、このたびメルマガで復活いたしました。
よろしければ、ご登録してみてください。
↓↓↓

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

▶霊視鑑定についてご案内

あなたは、人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視鑑定」で解決してみませんか?

霊視鑑定は「オンライン」もありますので、誰にも知られずに、
ご自宅からご相談をいただくことができます。
もちろん、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

ぜひ、勇氣を出して、下記をクリックしてみてください。

あなたのお越しをお待ちいたしております照れ

※当鎌倉オフィスにお越しいただいての対面形式もあります。

 

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

香佑助(コウスケ)

処女作

↓↓↓
巍峡国史伝(ギキョウコクシデン)Amazon
現在は取り扱いがありません。
※中古が出れば買える・・・かもしれません。

 

 

 

 

寝子屋 木天蓼(ネコヤマタタビ)
上記のペンネームで書いた和風小説です。
↓↓↓

Kagura古都鎌倉奇譚【壱ノ怪】

 

 

 

寝子屋 木天蓼(ネコヤマタタビ)
上記のペンネームで書いた洋風小説です。

20話完結
↓↓↓
Mahoe Manaマホエ マナーザンゲルと夜想曲ー

 

 

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

関連記事

  1. 私生活が世界になる
  2. 【すき】*吉日*龍体文字
  3. 【マイナスを呼ばない!人生つくりの7つの習慣】7:美しいものを見…
  4. 【運の良い人とそうでない人の絶対的な違い】6:自分にOKを出す
  5. この春は、昨年の春にあらず
  6. いわゆる“発達障害”の独白
  7. 【桜賀和からのお手紙】毎日皆生れ変っている
  8. 【人生で人が変わる時】2:崖っぷちの時
PAGE TOP