お知らせ一覧

10/31(土)「魂の開放授業」第18回「ハロウィン特別企画:スピ×お祭り×ビジネス」

10月といえば、ハロウィンですね。
ここ最近、かなりの盛り上がりをみせているこの「ハロウィン」ですが、その盛り上がりの一方で「ハロウィン」の本当の意味をご存知でしょうか?

そもそも「ハロウィン」の起源ですが、もともとは古代ケルト人の秋の収穫感謝祭です。
古代ケルトでは、1年間は11月1日~10月31日までとされ、10月31日は大晦日にあたります。
そして、日本でいうところの「お盆」のような意味合いもあわせ持っています。

この日は「あの世とこの世」を隔てている「門」が開き、霊が行き来できるようになると信じられております。
あの世から死んだ人の霊が家族の元へ帰ってくるのですが、さらに悪霊たちもやってきて、あちこちをさまよいます。

その為に、この悪霊たちを追い払う一連の儀式として、「悪霊に扮した」子供たちに家々の玄関先で「Trick or Treat」と言ってもらい、家人は悪霊たちに”おもてなし”をすることで立ち去ってもらっていたのです。

この「Trick or Treat」とは「もてなしなさい。さもないと困らせる事をするぞ。」という悪霊たちが発する言葉なのです。

「悪霊たち」は”仲間”が既にその家を訪れていた場合、その家に訪問するのを避けると伝えられていたようです。
つまりは「悪霊に扮した」子供に「悪霊たち」が来る前に、先に家に来てもらって「悪霊たち」を騙していたという事なんです。

ここでひとつ疑問が浮かび上がるかと思います。

「子供たちが仮装して、悪霊に扮するのは分かったけど、なんで大人まで仮装するの?」

そう思われるのはもっともですね。
その意味合いとしては、この日に悪霊たちがやって来ているので、その悪霊たちに氣づかれないようにする為です。

ちなみに「ハロウィン」の語源ですが、翌日の11月1日が「万聖節」と呼ばれるカトリック聖人の日で、英語では「All-hallow」で、その前夜に行われるお祭りなので「All-hallow-even」、これだと長いので、短縮して「Halloween」と呼ばれるようになったそうです。

まとめますと「ハロウィン」とは、次のようになります。

(1)秋の収穫を祝い
(2)ご先祖様の霊をお迎えする
(3)悪霊たちを追い払う

このような儀式なんです。

西洋に伝わる儀式の日ではありますが、古代ケルト人の智慧と考え、無事にご先祖様の霊を家に迎い入れてお祝いし、ご先祖様に感謝する日として活かしてみてはいかがでしょうか?
そう考えていきますと、10月31日ハロウィンの日とは、実は「開運の日」なんです。

長くなってしまいましたが、今回の「魂の開放授業」では、この「開運の日」にちなんで、ハロウィン特別企画として開催します。

今回は「スピ×祭り×ビジネス」というテーマとしてハロウィンというものを多角的に捉え、また、お祭りはビジネスの原点ということで、私たち霊視経営コンサルタントの視点で、ハロウィンを代表とする「お祭り」をビジネスに取り入れるヒントについて、お話をいたします。

今回は、開催日がハロウィンということもあり、ちょっと仮装して、ご参加をされてみてはいかがでしょうか?
もちろん、私たちも仮装をして登場いたします。

<講座概要>
◇日時
令和2年10月31日(土)14:00〜16:00を予定
(開場/13:45)

◇場所
Cafe&Seminar HIGHWAVE
神奈川県鎌倉市大船1-11-7
ヴィコロビル3階
(交通アクセス:JR大船駅下車徒歩約2分)

◇内容
「ハロウィン特別企画:スピ×お祭り×ビジネス」
イベントは、14:00~16:00の2時間です。

※お子様の同伴可能です(同伴の18歳未満のお子様は無料です)


◇定員
先着20名様

◇料金:
チケット代:4,000円

詳細はコチラからご確認ください

 

PAGE TOP