ブログ

本氣というものの正体

「本氣」と書いて「たのしい」と読む
って、なんぞや?

って思いますよね。

いうなれば、コレです。
↓↓↓

本氣になったとき

人は強いです。

そして、本氣になったとき
悪口も言わなくなれば
グチも言わなくなります。

つまり、
悪口を言っている
グチを言っている

というのは

本氣で生きていない
証なんです。


ピッコロ大魔王(出典元:bokete

そうなんです。

つまり、本氣になったとき
そのときにはじめて
人は前だけしかみなくなります。

そして、本氣でやっているときって
楽しくなってくるものなんです。


孫悟空(出典元:【ドラゴンボール×仕事論】

そうそう、こんな感じです。

本氣でやっていると
やばい相手ライバルも出てきますが
わくわくしてくるものなんです。

つまり

「本氣」と書いて「たのしい」

となるんです。

裏を返せば
楽しくないと感じているのであれば
本氣でやっていないのかもしれませんね・・・。

趣味を仕事にすると失敗する

というお話を一度や二度は
聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは、趣味だから失敗するのではなく
その趣味をどこまで本氣でやっていたのか
ということなんだと思います。

本氣でやるとは
命をかけてでも
やるということです。

ようするに
あなたの命使う
ということです。

一言でいうと
使命です。

大切なので
もう一度、言いますね。

使命

です。

あなたのいまの仕事
使命になっているでしょうか?

結局、問われるのは
ここなんです。

次回はこの使命というものについて
お話をしたいと思います。

ではでは。

関連記事

  1. 仕事に役立つエネルギーの高め方~④思いっきり泣く
  2. 仕事に役立つエネルギーの高め方~③キレイなものをみる
  3. 仕事に生かすモチベーションの上げ方~⑥進化する
  4. 欲しい結果を得る方法~⑦欲しい結果にフォーカスする
  5. 知らないと損をする運がよい起業家の考え方
  6. 貧乏神に好かれないための経営者の仕事とは?~⑥お金に感謝する
  7. ビジネスの現場でスピリチュアルを生かしている人たち
  8. 運がよい経営者はエネルギーが伝染するのを知っている
PAGE TOP