ブログ

【開運】老舗旅館の開かずの間は開けてもいいのか?

★使命で起業したい「ひとりビジネス起業家」★
使命を仕事にして7桁の売上を出していく

霊視×経営コンサルティングの友野高広です。

いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。

今回の経営者の方からのご相談は
次のような内容です。

「旅館を営んでいます。私は5代目なのですが、昔から謎の鍵がかけられた部屋があり、
先代からそこは絶対に開けないようにとくぎをさされています。
開けたい気持ちもあるのですが、やはり開けないほうがいいでしょうか?」

5代目なのですね。
ということは、老舗の旅館なのだと思います。

鍵がかけられた部屋、
いわゆる開かずの間ですね。

その部屋は先代から絶対に開けないようにと
ずーっと言われてきているということですね。

この部屋についてですが、
実際にその旅館に行ってみてみないと
どういう状態なのかは分からないのですが、

結論から申し上げますと

開けないほうがいい

です。

これは間違いないです。

どういった理由で開けてはならないのか?

例えば、霊的な理由によるものなのか、
その部屋に保管されているものに意味があるのか、
理由は定かではないのですが、

先代から言われている事でもありますし
鍵がかけられているというところに
意味があるように感じます。

やはり開けないのが一番いいと思います。

さわらぬ神にたたりなしです。
ご参考になりましたら幸いです。

最後までお読みくださいまして、
ありがとうございました。

 

▶ビジネス系「霊視鑑定」についてご案内

あなたは、人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視鑑定」で解決してみませんか?

ビジネス系「霊視鑑定」は、当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」とZoomを活用した「オンライン形式」をお選びいただけます。

「オンライン形式」であれば、ご自宅に居ながらご相談をいただくことができます。
遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております照れ

———————————————

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです。⇒天言メッセージ(あなたへの天からのメッセージ)
———————————————

我が弟子:桜賀和愛美のブログです。
ぜひ、ご覧くださいませ。⇒桜賀和愛美ブログ

———————————————

ラジオ配信(PodCast)も、ご利用いただけましたら幸いです。
それぞれ、配信コンテンツ内容が異なります。

 

関連記事

  1. 本氣と書いて「たのしい」と読む?
  2. 結果が出ないビジネスマンたちへ【前世の歴史に学ぶ旅】
  3. あなたが人生の最期のとき後悔しないための選択方法
  4. 【開運】60歳を超えていても起業はできるのか?
  5. 【開運】初詣は元旦午前0時に行ってはいけないの?
  6. 運がよい経営者は四方よしで経営している
  7. 実はあなたの運を下げているかもしれないオフィス選びの法則
  8. 起業を諦めた方が良い人「変化に弱い人」
PAGE TOP