ブログ

会社を潰す社長のエネルギーとは?

★使命で起業したい「ひとりビジネス起業家」★
使命を仕事にして7桁の売上を出していく

霊視×経営コンサルティングの友野高広です。

いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。

今回のテーマは「会社を潰す社長のエネルギーとは?」です。

私自身、ビジネスの世界で長年身を置いてやってきておりますので、様々な会社の社長とお会いする機会が多かったです。

そのような中で倒産した会社の社長ともお会いしたことが、実際にあります。

厳密に申し上げますと、倒産する前、倒産した後の両方の機会で、お会いした社長も何人もいらっしゃいます。

だからこそですが、会社を潰す、つまりは倒産してしまう社長のエネルギーというものを目の当たりにしてきました。

このエネルギーですが、分かりやすい言い方であれば、会社を潰す社長の特徴とも言えるものです。

では、その特徴とは何か?
そうならないためには、何に氣をつける必要があるのか?

今回は、そのあたりについてお話をしてまいります。

結論から申し上げます。

会社を潰す社長というのは「自己中心的」です。

ただし、これは悪い意味でになります。

「自己中心的」のすべてが悪い訳ではありません。

どういうことなのかというと、たとえば、これを聞いたら、あなたは、どう感じるでしょうか?

・社員の言うことを聞かない
・イエスマンばかりを集めたがる
・自分は常に正しい

さて、どう感じられましたか?

これが何かというと、会社を潰す社長の特徴であり、エネルギーでもあります。

たとえば、会社の為を思って、わざわざ苦言を呈してくれる人というのが、必ず傍にいたりするものです。

しかし、そのような貴重な意見には、耳を貸さないというのが、このエネルギーを持っている社長の特徴でもあります。

そして、その延長線上にあるのが、何かというと、「倒産」です。

よい意味での「自己中心的」な社長というのは、揺るぎない自信を持っています。

社長という存在は、絶対的に自信を持っている必要があります。

一見すると、矛盾を感じられるかもしれません。

しかし、この自信というのは、絶対に必要です。

そして、その自信があるからこそ、氣持ちに余裕が生まれ、たとえ批判的な意見や苦言であったとしても、聞き入れることができるものなのです。

そのうえで冷静な判断ができるというのが、よい意味での「自己中心的」な社長というものです。

そして、ここからは、またちょっと違う視点でのお話になります。

どのような視点なのかというと、ビジョンを持っている社長とビジョンを持っていない社長という話です。

ビジョンを持っている社長は、よい意味での「自己中心的」な社長です。

その逆にビジョンを持っていない社長というのは、残念ながら、悪い意味で「自己中心的」な社長になってしまう傾向が強いです。

では、ビジョンとは何でしょうか?

私が考えるビジョンという定義は、「軸」であると考えています。

つまり、その社長が事業をしている目的ということができます。

「自分がこの事業をやっているのは、こんな世界をみたいからなんだ」

これがビジョンです。

ビジョンというと難しく考える人が多いものですが、簡潔に言ってしまえば、このようになるはずなんです。

つまりは、このビジョンを達成することが、事業の目的であり、「軸」であるということです。

このビジョンを実現するために会社を創設し、そのビジョンに共感して集ったのが社員ということになります。

しかし、このビジョンが無いと、どうなるのかというと、「社長が考えていることが分からない・・・」となってしまうんです。

このビジョンを掲げることで、もしビジョンからずれていることを社長自身がやってしまっているとしたら、それに氣づいた社員が「それはビジョンに合っていないです」という貴重な意見を言ってくれるんです。

そうすることで、会社一丸となって、ビジョン達成に突き進むことができるようになります。

しかしながら、というお話もしておきたいと思います。

そもそものお話で、そのビジョンが合っているかどうかという問題点もあります。

しかしながら、ここはビジョンが間違っていたとしたら、まず間違いなく共感してくれる人がいないので、すぐに氣がつくことができるはずです。

もっとも厄介なのが、このパターンです。

ビジョンは確かに素晴らしいし、それに共感して確かに人も集まってきている。

しかし、だんだんと社長自身が、そのビジョンを崩していってしまうということがあるんです。

そうなるとどうなっていくのか?というと、

「社長、このビジョンを実現するために会社を創ったんですよね?」

という感じで社員が疑問を持ち始めるんです。

たとえば、よくあるのがお金儲けだけに走ってしまうというのが分かりやすいかと思います。

「いや、ビジョンなんていいんだ。うちの会社さえ、儲かればそれでいいんだ、文句あるか!」

というような状態になっていってしまうとどうなるのか?

このようなことを言い始めた会社の社長というのは、最終的には会社を潰しています。

実際にこのような社長にお会いしたことがあります。

しかも会社が倒産した後にです。

ものすごく意氣消沈していましたし、氣の毒だなと思いましたが、しかしながら、そのような状況になっても、まだ分かっていないのです。

倒産したことを、人の所為にしています。

「いや、悪いのは俺じゃないんだ」

このような社長は、なかなか復活はできていないものです。

復活をする社長というのは、こう言われます。

「あの時、悪かったのは自分だ。だから、これからは人の話をもっときちんと聴こうと思う」

このような社長は、やはり、復活されています。

これがエネルギーの違いなんです。

会社を潰す社長というのは、悪い意味で「自己中心的」です。

人の話は聞かない。
自分の掲げたビジョンを無視する。
自分さえよければそれでいい。

これです。

そうはなりたくはないものです。

そのような中で、「氣づきなさい」というメッセージを守護霊は発していたりするものです。

たとえば、苦言を呈してくれた相手が出てきたとしたら、それは、社長自身の守護霊からのメッセージであるということも考えられます。

そのようなメッセージというものに、氣づかないといけないですし、やはり、聞き入れないといけないものだと思います。

悪い意味で「自己中心的」な社長が持っていなく、よい意味で「自己中心的」な社長が持っているものが何かといえば、本当の「謙虚」さになります。

これが大事なものなのだと感じます。

会社を経営されている社長、起業している方、今回のお話が参考になりましたら幸いに思います。

ありがとうございました。

これが今回のお話の結論でございます。
ありがとうございました。

よろしければYouTubeまたはPodCastにて、ご覧くださいませ。
文章では表現できない微妙なところを、より詳細に渡ってお話しております。

————————————————-
よいエネルギーを持って起業したいというあなたにオススメです↓
こちらをクリック

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

我が弟子の桜賀和愛美のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

【YouTube】

 

【PodCast】

 

【stand.fm】

 

▶ビジネス系「霊視鑑定」についてご案内

あなたは、人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視鑑定」で解決してみませんか?

ビジネス系「霊視鑑定」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております。

関連記事

  1. 【開運】楽しく仕事をするには?⑥~競う
  2. 【お知らせ】第3回プレ配信~明日17時より番組ライブ配信します!…
  3. 敵を作らない
  4. 【開運】オフィスが霊的な影響を受けている場合の対処法とは?
  5. 運をよくするには表情を変える
  6. ビジネススクールでは教えてくれない10歳の法則
  7. 欲しい結果を得る方法~⑤ネガティブ情報を避ける
  8. 運をよくしたいので、その方法を教えて!⑦~みえない世界を信じる
PAGE TOP