ブログ

優秀な経営者ほど用心深いことを知られるのを恥じない

 

★使命で起業したい「ひとりビジネス起業家」★
使命を仕事にして7桁の売上を出していく

霊視×経営コンサルティングの友野高広&桜賀和愛美です。

いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。

今回のテーマは「優秀な経営者ほど用心深いことを知られるのを恥じない」です。

 

経営者の中には“凄い人である”と思われたい、という願望がある人が一定数います。

 

実はそういう方は、大きな失敗をしがちです。

 

優秀な経営者というのは「自分は用心深い、リスクの事を考えて行動している」ということを人に知られたからといって、どうという事はないと考えているものです。

 

しかし、前者の方はそれを隠そうとします。

 

その理由とは何か、分からない方もおられますよね。

 

「何をそんなに恐れているのかな?」

 

前者の方たちは、周りからこのように思われることを恐れているのです。

 

「あの人、小さいね」

「大したこと無いね」

 

経営者は大胆なぐらいでいい。

私もそう思います。

 

けれど、同時に最悪なシナリオを考えられるのが、優秀な経営者であるといえます。

 

最悪なシナリオを考えた上での大胆な行動と、そうでない行動は大きく違います。

 

メリットとデメリットを天秤にかけた時、勿論メリットが上回ってたらゴーをかけます。

 

しかし、同時にいつでも撤退できるようにもしています。

 

「この線を越えたら撤退することにしよう」という”基準”を決めているものなのです。

 

ビジネスにおいて、10戦10勝というのはあり得ません。

1勝9敗でも勝ちです。

 

10戦やって1戦だけしか勝てないというのは、スポーツの世界では致命的です。

 

しかし、ビジネスの世界においては、とてもとても大きい白星です。

 

先ほどの撤退する”基準”を予め決めておくという事についてですが、つまり、それは最悪なシナリオに対する備えをしておくということです。

 

最悪なシナリオになった時、どうするのか?

 

スポーツの世界で例えますと、監督が自分だったとして後半戦、もう明らかに自分のチームは勝つ見込みが薄い。

 

負け試合になる。

 

そうなった時、ただ点数的に負けて試合を終えるのではなく、

 

「この経験をもとに次の勝ち星へとチームを導くとしたら、この試合を生かすにはどうしたらよいか?」

 

と、思考します。

 

負け戦の将となったところで、何も恥ずかしいことはありません。

 

確かに結果がビジネスは全てですし、どう見られるかは大切です。

 

しかし、見栄やエゴで重要な判断を誤って欲しくない。

ビジネスを博打にせず、確実に一勝を重ねて行って欲しい。

 

そう思っております。

 

それでは本日のお話は以上です。
ありがとうございました。

よろしければYouTubeまたはPodCastにて、ご覧くださいませ。
文章では表現できない微妙なところを、より詳細に渡ってお話しております。

————————————————-

よいエネルギーを持って起業したいというあなたにオススメです↓
こちらをクリック

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

【YouTube】

 

 

【PodCast】

 

【stand.fm】

 

【オンラインサロン】

【ビジネス系「霊視鑑定」についてご案内】

あなたは、人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視鑑定」で解決してみませんか?

ビジネス系「霊視鑑定」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております。

関連記事

  1. ビジネスに生かす霊感とは?~⑤チャンスは毎日訪れている
  2. 待って!その起業は危険!
  3. エネルギーが高い人、低い人、どっちの人から買いたいですか?
  4. 運をよくするには表情を変える
  5. 子どもが憧れる夢を叶えた大人になる
  6. あなたのビジネスの目的とはなんでしょうか?
  7. 仕事運を上げるには準備をしておくこと
  8. あなたも「運がよい経営者」になれることを知っているでしょうか?
PAGE TOP