ブログ

成功した起業家が目指している人物像はコレ

霊視経営コンサルタントの友野高広です。​
いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。​

今回は「成功した起業家が目指している人物像はコレ」というお話です。​

最近、ある人に相談されたことがあります。​

それが何かというと、これです。​

「起業家は“立派な人”にならないといけないですよね?」​

立派な人。​

これについて、あなたはどう思われるでしょうか?​

「やはり目指すんであれば立派な人かな」​
「立派な人じゃないと尊敬されないですよね?」​
「でも立派な人ってとっつきにくいです」​

そう、その通りなんです。​

この相談を受けて、思い出したことがあります。​

それは、ある成功した起業家が言っていた言葉です。​

「いいかい、成功するには立派な人になろうとしちゃいけないんだ。成功したいのであれば、立派な人ではなく、一緒にいて楽しい人が目指すべき姿なんだ。楽しい人なんだよ。だって、お互いにつかれちゃうでしょ?立派すぎると敵をつくることにもなるんだ。意識していようがいまいが、敵をつくっちゃうんだよ。敵をつくると辛くなるよ。人生が楽しくなくなる。何のために起業したんだっけ?こんな辛い想いをする為だったのか?そういうようになるんだ。人生を楽しみたいから起業したはずだよね?だったら、立派になる必要なんてない。むしろ、その考え方は捨てることが大事なんだ。一緒にいて楽しいと言われたほうがいいと思わないかい?」​

この話を聞いて、私はものすごく共感しました。​

起業した直後、私自身が「立派な人間」になろうと無理して力んでいたから、余計にそう感じられました。​

立派な人じゃないと起業家として成功しないというのは幻想です。​

そもそも、立派な人とは、どのような人のことをいうのでしょうか?​

もし、立派な人=偉い人なのだとしたら、私は偉い人になりたいとは思いません。​

自然体が一番です。​

そもそも、起業したのは自然体でいたかったからに他なりません。​

自分らしく、自分の氣持ちに素直に生きたいと思ったのが原点です。​

だからこそ、冒頭の相談者の方には、このように回答しました。​

「立派な人じゃなくて、一緒にいて楽しいと思われる人のほうがいいですよ」​
「一緒にいて楽しい人というのは、つまり、幸せを与えられる人ってことです」​
「幸せを与えられる人になるって、ステキだと思いませんか?」​

いかがでしょうか?​

立派な人ではなく、幸せを与えられる人になる。​

もし、あなたがこの考え方に共感するのであれば、ぜひ、一緒に目指していきませんか?​

「幸せを与えられる人」です。​

それでは本日のお話は以上です。​
ありがとうございました。

————————————————-

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

【YouTube】

 

【PodCast】

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。
あなたのお申込みをお待ちいたしております。

関連記事

  1. 仕事運を上げる7つの方法~②パソコンの画面を整理する
  2. 成功した起業家は専門家の力を活かしている
  3. 顧客ニーズも大事だけどもっと大切なことがある
  4. 運がよい経営者は運がよくなるポイントを押さえている
  5. 霊視鑑定を活かすには
  6. 霊視で分かること
  7. 運をよくするにはひとつに絞る
  8. 成功した起業家は第三の眼を使っている
PAGE TOP