ブログ

成果を上げられる起業家の思考とは?

霊視経営コンサルタントの友野高広です。​
いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。​

今回は「成果を上げられる起業家の思考とは?」というお話です。​

成果を上げられる人と上げられない人の違いとは何なのでしょうか?​

その違いとなる理由は様々ではありますが、根源的な違いは「思考」です。​
思考の違いこそが「成果」につながっています。​

思考が違うから行動が異なりますし、行動が違うから結果が異なるのです。​

どういうことかというと、成果を上げられる人は「成果が上がる思考」を持っています。​
その思考があるからこそ「成果が上がる行動」をとります。​
だからこそ成果が上げられるのです。​

残念ながら成果が上げられない人は、これに氣がつくことができません。​
だから、いつまで経っても成果が上がらないのです。​

思考が現実をつくるという言葉があります。​

これはまさにその通りで、「私は成果を上げることができない」という思考の状態のままであれば、いくら努力をしたところで、成果を上げられるわけがありません。​

なぜなら「成果が上がらない行動」を自ら選択してしまうからです。​

だから、成果を上げられない現実をつくり出してしまっているのです。​

そして、こういった思考の人に共通しているのは「他力本願」で「無責任」であるということです。​

例えば、この本さえ読めば、このセミナーにさえ参加すれば、この人に師事すれば、というように、〇〇すれば、自分は成功できると思っているということです。​

つまり、どこかの誰かが、“いつかきっと”自分の人生を変えてくれると信じているのです。​

あたりまえですが、自分の人生を変えられるのは自分だけです。​

“いつかきっと”なんてことが起こることは、ありません。​

それが現実です。​

では、どうしたらいいのでしょうか?​

その答えは既に出ています。​

「思考」を変えるのです。​

しかも根本的に。​

では、それはどんな思考なのか?​

「自分の人生を変えられるのは自分だけである」​

これです。​

自分の人生に責任を持つことです。​

自分自身で自分の人生の目的を決めて、自分で目標を立てて、自分で行動することです。​

実は至ってシンプルです。​

自分の人生の目的が分からない人は、こう決めるといいです。​

「幸せになると決める」​

成果を上げられている人は、とにかく自分で決めています。​

自由に自分で決められることの楽しさを知っているのです。​

あなたが起業した時、どう思ったでしょうか?​

「ようやく自由になれる!」​

いままで会社員で窮屈さを感じていたからこそ、起業したのではないでしょうか?​

それにもかかわらず、自分の人生を他人任せにするなんて、正氣の沙汰ではありません。​

せっかく、起業して自由になると決めたはずなのに、その自由を自ら手放すことと同じです。​

成果を上げるには「自分で決める」という思考が大事です。​

「成果を上げたい」​
「成功したい」​
「幸せになりたい」​

この思考は間違っています。​

そうではなく「決める」ことが大事なのです。​

「成果を上げる」と決める​
「成功する」と決める​
「幸せになる」と決める​

成果を上げられている人は、この「決める」という思考を持っています。​

「やる」と決めたから「やる」んです。​
「できる」と決めたから「できる」んです。​

人生とは「決める」ことが、できるかできないかで決まります。​

あなたも「決める」思考を持つと「決める」ことです。​

それでは本日のお話は以上です。​
ありがとうございました。

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

【YouTube】

【PodCast】

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。
あなたのお申込みをお待ちいたしております。

関連記事

  1. 【開運】スピリチュアル好きな経営者は成功するのか?
  2. 四方よしのビジネス~④何屋さんなのか?
  3. 一流の起業家を創るのはあなたです
  4. 優秀な経営者ほど前髪を上げている
  5. 成功している起業家ほど高速道路を使うのはなぜか?
  6. ターゲティングに迷ったときにヒントになるもの
  7. 成功した起業家は幸せな時間を増やす工夫をしている
  8. あなたは会社のロゴ選びでこんな間違いをしていませんか?
PAGE TOP