ブログ

現状を把握することが成功への近道

霊視経営コンサルタントの友野高広です。​
いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。​

今回は「現状を把握することが成功への近道」というお話です。​

起業するとそれまで以上に様々な情報が届くようになります。​

そして、そのような情報の中に必ずあるのが「儲け話」です。​

その「儲け話」は、怪しそうな内容や簡単に取り組めそうな方法など、様々なものがあります。​

「これだったら自分にもできそうだ」​
「これは堅実そうだな」​
「これは怪しくないから手を出してもいいだろう」​

こんな感じで「儲け話」に、ついつい人は手を出してしまいます。​

そのような「儲け話」に手を出す前に、あなたに考えていただきたいことがあります。​

それが何かというと「目的」です。​

その「儲け話」をあなたがやるのはなぜなのか?​
その「目的」とは何か?​

これです。​

単純に「儲かりそう」だけが目的なのだとしたら、安易に手を出さないほうがいいです。​

なぜなら、苦労をしたり、損したりすることが目に見えているからです。​

その「儲け話」に乗ることで、あなたの目的が達成できるかどうか、それが大事なのです。​

そう言うと、こう反論される方がおられます。​

「お金儲けが目的だから問題ないでしょ?」​
「それで稼げるんだったら、いいじゃないか」​
「自己責任なのは分かっているのだからいいだろ?」​

確かに自己責任なのは事実です。​

なので、私自身もそこまで、やめたほうがいいとは言うつもりもありません。​

しかし、あなたに考えていただきたいのは、やはり「目的」です。​

「儲け話」に乗るということは、投資をすることになります。​

つまり、その「儲け話」が投資に値するかどうか、それを見極める必要があります。​

例えば、あなたの本業に関連しており、あなたが既に持っているリソース(スキルや知識、経験など)と相性がよく、そこに投資することによって、あなたの事業が発展するのであれば、投資するに値するといえます。​

しかし、あなたの本業にまったく関連性が無く、そこに投資したとして、あなたが持っているリソースと合わないものだとしたら、時間や労力をかけたところで成功することはありません。​

なぜなら、既にせっかくあるリソースを活用するのではなく、またゼロからリソースを作り直さないといけないからです。​

時間もかかりますし、そもそも、あなたに合っているかどうかは分かりません。​

だからこそ、「儲け話」ありきで考えるのではなく、自分自身にとっての「目的」に合っているのか、自身が持っている使えるリソースも含め、考えていくことが重要になります。​

成功した起業家は、このような「儲け話」がやってきたとき、自分の「目的」と合っているかどうかで素早く判断します。​

「目的」がはっきりとしているので、「YES」「NO」の判断が早いのです。​

そして、「YES」と判断した場合、必ず「期限」を設けます。​

そこに投資をする理由と期限を設け、自分の持っているリソースをフルに活用する計画を立てます。​

そうすることで、成功する確率を高めるのです。​

つまり、成功した起業家は自分の「目的」をはっきりと持ち、尚且つ、「現状」をしっかり把握しているということです。​

もし、あなたが「目的」を、しっかりと決められているのであれば、次にすることは「現状」を把握することです。​

自分のリソースについて、「現状」を把握するところから始めてみることをオススメします。​

それでは本日のお話は以上です。​
ありがとうございました。

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

【YouTube】

 

【PodCast】

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。
あなたのお申込みをお待ちいたしております。

関連記事

  1. 四方よしのビジネス~③本当にそれ売りたいものなの?
  2. 運をよくしたいので、その方法を教えて!⑥~自分は運がいいと思う
  3. 上手くいく起業家は素材を活かす天才である
  4. 成功することは怖いこと?
  5. 【開運】レイキって何?誰でも使えるものなの?
  6. ビジネスにおける守護霊からのサイン~⑤強制終了
  7. あなたが起業を通して実現したいものは何だろうか?
  8. 【開運】夕暮れ時の森は安全なのか?それとも危険なのか?
PAGE TOP