ブログ

「最強の祓い“笑い”」

霊視×経営コンサルティングの桜賀和愛美です。

いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。

 

今回のテーマは

「最強の祓い“笑い”」です。

 

見えない世界を生業にしている方、見えない世界が見える方達の間では結構知られている事ですが、

鬱の方は憑依を伴っている事が結構多いです。有名な精神科の先生までそうおっしゃっていた事もあります。

 

エネルギーが下がればその下がった分引き寄せ合うので、理にかなっています。

ただ、憑いたから下がったのか?下がったから憑いたのか?という玉子が先か鶏が先かは人それぞれです。

なので、

 

「だらしない生活をしていたからいけないんだ!」とか、「もっと精神的に強くなければならなかったんだ!」という事は、一概には言えません。

 

ちなみに私も憑依による鬱というのを体験しました。ちょっと特殊だったので世間一般のそういった症例とは異なっているのですが、抜け出すのにかなりかかってしまいました。自分では氣がつけなかったからです。

 

ある日何だかむしょうに甘いものが食べたくなって、台所でそれを作成している時に家族に止められたのが知るきっかけでした。

 

「何してるの…?」

 

家族がそう聞いてきて、私は普通に

 

「いや、甘いものが食べたいと思ったけど、理想的なものが無くてこれがいいかなって…」

 

そう私が答えると即座に

 

「変だよ。・・・それは流石に変だよ…」

 

「え?でも食べたくなったんだもん」

 

「甘いの好きじゃないじゃん・・・。それに、そんな食べ方……変だよ!」

 

あまりの剣幕に氣圧されて、本当に変かを考えてみました。

すると、確かに。言われてみれば…?変かもしれない…。あれ?何でこんな発想になったんだっけ?と、疑問が浮かんできました。

 

私は食パンに蜂蜜を塗って、ピーナッツバターを塗り、イチゴジャムをかけた後、チョコシロップをかけて食べようとしていたのです。かなりたっぷりと。

 

私は甘いものが苦手で、コーヒーや紅茶などにも一切何も入れませんし、お菓子が並んでいてもしょっぱいのばかり食べている人間でした。パンもそうで、塗れる甘いものがあっても、どんな味か思い出すために端っこに少し塗って食べてみる事はあっても、ほとんどしょっぱい味付けでした。

 

憑依されると味覚が変わってしまうんですね。自分の欲求のように感じて自分は違和感を感じない。なのでこういった場合、周りの方が先に氣がつく。私はそこから自分の中から湧き上がってくる衝動に疑問を感じだしました。

 

『死にたい』

何もないのに死にたいって、何故思うのだろうか?

『嫌い・鬱陶しい・面倒くさい』

何故そう思うのだろうか?そのきっかけって何だったんだろうか?

 

よくよく考えても答えが出てきません。しかし、違う答えにたどり着いてしまいました。

 

「なんか最近1人じゃない氣がするんだよね」

 

気配がしたり、私の場合たまに息が聞こえた事もありました。私に究極に近かったから見れるわけがなかったのですが…。それを知ってからちょっと怖くなる半面、怒りが湧いてきました。

 

「何故終わった(人生が)奴のために、今私の人生を使わなければならないのか?」

「思い通りになんてなってやるものか!」

 

と、湧いてくる感情の反対の事をし始めました。

 

心理学の先生もおっしゃっていますが、ノイローゼや鬱って、真面目な人が多いそうです。この世に完璧は無いのに、完璧を求める。私も恐ろしく真面目でした。その真面目さを人に押し付ける事もしていてよく煙たがられていました。

 

20歳過ぎてアルバイトをしている自分を責めていましたし、人付き合いが上手くできない事を責めてましたし、目に見えない世界の影響と言うのは自分が不甲斐ないからだと思い、自分にどんどん厳しくしていってました。

 

で、全部やめたのです。足りないものを数える事をやめました。

親がどんなに口うるさく言ってきても、職場でどれだけ理不尽が起き転職しようとも、

 

「自分の考えを大切にしていかないといけない…。自分の生きる道を自分で決めないといけない…」

 

それが結果的に起業でした。その過程で友野にも会い、根本的な原因を取り除いて頂けたわけなのですが、自分が行動したからこそ変わるきっかけに出会えました。

 

その行動力と生命力を保てたのは…。結局これだったかな?と思います。

「笑い」です。

 

鬱だと笑えないですよね…。けれど、大笑いしてたとかじゃないんです。私はもともと笑わないし泣かない人間だったので、大笑いしていると逆に驚かれてしまいました。笑ったり泣いたりできる環境じゃないと人って笑えないものです。

 

心の中で「くすり」と笑ったりはしていたんです。そこから始めました。多分顔は真顔です(笑)

 

人は真面目過ぎると、人の脳は主にネガティブに考えるようになっているので、そのネガティブに拍車がかかってしまいます。

やらなきゃならない事はしなければいけませんが、後は「なるようになれ」です。万事を尽くして天命を待つ。

この世で最初から最後までコントロールできる完璧な存在がいるとしたら「神」のみです。

「神」を目指しているなら良いですが、多分多くの人が目指していないと思うのです。

 

「笑い」って、すごい力を秘めているんです。凄く高いエネルギーなのです。

それだけでよくないものが離れていきます。

 

私の場合は友野に何とかしてもらいましたが、この世の8割は笑いで祓えると思います。

自分が笑えなかったら、テレビやYouTubeなどの楽しそうな声や笑い声を流してもいいと思います。

一番高いエネルギーの笑い声は子供の笑い声なのですが、病んでいる方は最初からはキツイと思うので「くすり」と笑えるものからどんどん上げていってみてください。

 

最終的にはご自身が笑ってください。

自分が大笑いするのが最も祓われる行為なのです。

 

祓うって、簡単なのです。

大抵はお金をかけなくても良いのです。

後の事は後で考えれば良いのです。

 

今完璧そうに見える人も、今幸せそうに見える人でも、何もないわけでもないですし、何もなかったわけでもありません。

過去に酷い思いをされた方も大勢います。そんな中、一歩ずつ階段を登っていったのです。

 

キレイで美しいまま人生を生き、ゴールする人などこの世にはいません。

この世はそもそもそのようには作られていませんし、そのいわゆる「美」の基準は一部の人間が創作したものです。

 

泥がついて醜いと思っても、歩いたり走ったりしていればいつか忘れた頃にその泥は乾いてどこかに行ってしまいます。

あがいて醜いと思っても、それだけの生命力が自分にはあるという事です。実はそれも、見えない世界では美しい事なのです。何の事件も無い映画はつまらないですが、ハプニングが立て続いて何事かを成す物語はその全てが面白く、美しいです。

 

完璧はこの世には無いので、求めない事です。

不完全さの美を楽しむことです。

 

今もし氣分が落ち込んだり、鬱っぽかったりしたら…。
後先の事は置いておいて、笑う事です。

「今」を楽しむ事です。

そういう事をしていいんだと、許す事です。

この世には楽しむために来ているのですから。

 

本日のお話しは以上です。

ありがとうございました。

 

————————————————-

よいエネルギーを持って起業したいというあなたにオススメです↓
こちらをクリック

 

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

 

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

 

【YouTube】

 

 

【PodCast】

 

 

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

 

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

 

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

 

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております。

 

関連記事

  1. あなたの成功を遠ざける先行者利益というファンタジー
  2. 【オーラと現実が変わる七つのヒント】6:気が付くと変化する
  3. 【生後二週間の記憶編】5:人以外の存在は見えているの?
  4. 【運の良い人とそうでない人の絶対的な違い】2:俯瞰して見ている
  5. 【守護霊と前世からの約束】2:前世からの“クセ”がある
  6. 「貧乏人の特徴運が良いお金持ちの特徴(1)」
  7. 陰陽
  8. 「自分らしさとはどこにあるのか?」
PAGE TOP