ブログ

「0と1の分かれ道“やり抜く”という力」

霊視×経営コンサルティングの桜賀和愛美です。

いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。

 

 

今回のテーマは

「0と1の分かれ道“やり抜く”という力」です。

 

 

 

 

成功者に必要なもの

何かを成し遂げるために必要なもの

結果を得るために必要なもの…

 

 

 

 

そう聞いて私は昔、「きっとその領域でしか分からないスキルがあるのかもしれない」と思っていました。

雲の上の領域だから、きっと見たことも聞いたことも無いような凄い世界があるのだろう…。

 

 

自分でビジネスをしようと思って動いている時期、私はそう勝手に想像して、闇雲に良いと言われる上辺だけをかじってはやってみて、

そして全てが実どころか、芽も出さずに散っていきました。

 

 

そうなると考えるのは

 

 

 

「やはり成功や素晴らしい結果を得る人というのは限られた人間なんだ…」

 

 

 

という自虐。そうしてできなかった言い訳をしていました。

 

 

 

いや、カッコ悪いですよね。

自分でもそう思います。

「ビジネス」が分かっておらず、その言葉に右往左往していました。

あるのはやる氣だけ(笑)

 

 

 

 

しかし実は、本当は私も成功者がやっている結果を得るために必要な行動というものをやっていたのです。

 

 

 

 

友野と会って、沢山の「何かを成し遂げている方々」を目の当たりにし、私はある日友野に

 

 

 

「皆凄いなァ」

 

 

 

とこぼしました。

すると友野はキョトンとして、

 

 

 

「桜賀和さんもできているじゃない。その凄いと言っている事」

 

 

 

と、言います。今度は私がキョトンでした。

 

 

 

「良いと思ったのを最後までやりきる。やり遂げる。って事」

「仕事もそうしてきているし、小説だって何個か書き上げて来たじゃない」

 

 

 

私はそれを聞いて腕を組みました。

 

 

 

「いやいや、そんなの誰でもやってますよ。
自分がやるって決めたのに、中途半端で終わらせないじゃないですか。お金もかかってることもあるし」

 

 

「…それが、当たり前じゃないんだよ」

 

 

 

私はそれを聞いた時、自分が小説を書き上げ、本にした時に人からかけられた言葉と、

有名な小説家が雑誌か何かのインタビューで答えたセリフを思い出しました。

 

 

確か、小説で身を立てるにはどうしたらよいのか?その最短は何なのか?といった質問に対しての答えでした。

 

 

 

 

「とにかく、書き上げる事。これが皆できていない。
書きあがらなかったら話にならない。
書いて、書いて、そして、それらを完結させていく事。これ以外に無い」

 

 

 

 

私は小説を書いている当時、3本ほど長編を完結させており、他、同時に3つぐらい同時進行で書き進めていました。

そのうちの1つは商業出版まで漕ぎつけ、1つの完結を経験しました。

 

確かに書き上げなければお話しになりません。

完結させていたから、商業出版の話しも来て、実際出版ができたのです。

 

 

 

 

書き上げるというのは、相当なエネルギーを使います。

覚悟が必要です。

忍耐力が必要です。

自分への厳しさがかなり求められます。

 

 

 

 

もし、小説を生業にするならば、ビジネスとして期限を決めて、どんどん量産していかなければご飯が食べていけません。

好きだけでは絶対にいつか折れてしまいます。

 

 

 

 

しかしこれは、小説家を志す方だけではありません。

数字が出ている経営者の方は皆ご存じです。

 

 

 

 

私が昔、知らなかった成功者に必要な事。

 

それは、

 

 

 

 

 

1つの事をやり遂げる事。

 

 

 

 

「まぁ、このぐらいかな?」

ではありません。

 

 

 

 

全力でやって完成させる。

 

 

そこがスタートラインです。

それを繰り返すのです。

 

 

 

 

 

人は中途半端なものには見向きもしません。

 

現実的に中途半端だからというのはありますが、見えない世界的にも、人には霊感(直感)がありますので、

 

 

「まぁ、このぐらいかな?」

「こうすれば(テクニック的に)人が寄ってくるだろう…」

 

などという、浅く、エネルギーの低いものは伝わってしまいます。

 

 

 

本氣でやって、やり遂げたものには高いエネルギーがこもっています。

やり遂げ、完成させたということは覚悟をし、しっかりとした目的から目をそらさず、自分を律して来れたという事です。

そのエネルギーも伝わります。

 

 

 

 

それが0と1の大きな分かれ道です。

0と1の差は、天と地ほど違います。

 

 

 

 

しっかり、最後までやり遂げてみてください。

あなたの「1」を積み重ねていってください。

 

 

 

それでは本日のお話は以上です。

ありがとうございました。

 

 

————————————————-

よいエネルギーを持って起業したいというあなたにオススメです↓
こちらをクリック

 

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

 

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

 

【YouTube】

 

 

【PodCast】

 

 

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

 

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

 

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

 

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております。

 

関連記事

  1. 【師匠からの質問編】3:どんな不思議な体験をしましたか?
  2. 霊視経営コンサルタント® VS スピリチュアル経営コンサルタント…
  3. 必要なのは“やる氣”“モチベーション”ではなく「志」
  4. 愛とは何なのか?【前世の歴史に学ぶ旅】
  5. 【師匠からの質問編】6:鑑定を受けた後どう変わりましたか?
  6. 【その足で歩く】*吉日*龍体文字
  7. 今、時代の節目
  8. 自分のルーツを思い出す
PAGE TOP