ブログ

カルマが終わる時と人の課題

霊視×経営コンサルティングの桜賀和愛美です。

いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。

 

今回のテーマは

「カルマが終わる時と人の課題」です。

 

人間関係の悩みは地球上から消える事が無く、それは時代を超えてもついて回るものです。

特に、離れたくても離れられない、清算したくてもできない間柄だと余計にその悩みは深いです。

例えば家族なんかはより深い学びとして設定している事が多いので、かなり深刻になったりします。

 

家族と言うのは不思議なものです。

個性の違う人間が少人数まとまって、生活をしているのですから。

なので本来は「家族だから言わなくても分かる」「家族なんだからこれぐらい許される」なんて事はありません。

 

前世で見るとその家族の構成は不思議なのですが、逆に納得する事の方が多いです。

しかしそうすると、ますます「家族と言うのは学びが深い」と思います。

 

例えば、ある人は娘が可愛くて可愛くて仕方なくて、それまで子供なんて可愛いと思ったこともなく、家庭や家族というものを煩わしいとさえ思っていたのに、娘が生まれた瞬間「この子を守らなくては!」と強い心の叫びのようなものを感じ、人が変わったようだ…と周りから言われるようになった。とします。

 

前世を見るとその子は例えば生まれて間もなく亡くなってしまった娘であったり、立場が逆転していて、自分が息子でその子が母親だったりする事もあります。約束はそれぞれですが、上記のような例の場合、人の愛を教えてくれる存在として縁を結んだ事が考えられます。

 

また逆に、どうしようもなく家族の1人と折り合いが悪く、顔を合わせれば喧嘩、喧嘩で、もうどうしようもない。といった具合だったり、自分にばかり厳しく当たってきて修復が難しく、上手くやっていく道が分からない。という事もあります。

 

前世を見ると、毎度親戚や同僚、親子、兄弟などで接する度に、お互いの価値観のズレなどですれ違い、一生を終えている…ですとか、
前世でむしろ自分がその方に同じことをしていて嫌な目に合わせていた…などという事があったります。

 

正直こればかりは霊視してみないと分からないほど人それぞれなので、一概に「こういったパターンはこれが正解です」というものは無いのですが、
火のない所に煙は立たないとはよく言ったもので、すべての出来事に因果があります。

 

「じゃあ私がいけないのか…」

 

いえ。それも違います。前世から数えるとそんなに単純なものではないのですが、現世で考えると単純です。

その起こっている事自体がかなり大きなサインなのです。自分が変われば解決してしまいます。

 

あなたさえ我慢すれば丸く収まる…といった暴論ではありません。

むしろその逆です。

 

「あなたは本当にその人と関わっていたいのですか?」

「あなたの人生をちゃんと見て、考えて、生きていく時ではないのですか?」

 

と、問われています。それが、親戚だろうと、親友と思っている人だろうと、長い付き合いの友人だろうと、配偶者であろうと、親兄弟であろうと…。
縁を切るために今世縁を結んだ人たちもたくさんおります。

 

よくあるのが、すでにあなたはその人とのカルマをすっかり終えていてもう次のステージに行っても良い状態になっていた…。というパターン。
カルマの時はもうどうしても離れられません。
例えば、まだ未成年で親兄弟と離れたいけど離れて生活できない状態…ですとか、その他どうしても動けない時。

 

けれど、もし今「…考えてみたら感情だけの問題で、実質断ち切ろうと思えばできてしまうな…」と思えたら、
それはもうクリアしている状態なので次のステージに行っていい時です。
本当に断ち切るのか?距離を置くのか?というのはケースバイケースにはなります。

 

「そんなことしたら可哀そうです。きっと私に捨てられたと思うはずです。
それに、あの人1人になったら…この先どうなってしまうのか…考えただけでも恐ろしいです…!」

 

正直なところ…

 

そう思ってしまう相手ならそう思わせておけば良いです。1人になったらいいのです。

これは意地悪で言っているのではないのです。

 

その学びを乗り越えなければその方はもっと悲惨な人生になってしまいます。

そう誰かに思わせるような人生を自分で送ってきてしまったのです。

ここにも前世がらみの因果はありますが、恐らくその方は今世も繰り返しているだけなのです。

 

その方の本当の幸せをあなたが本氣で考えているのであれば、その方の宿題はその方に課すべきです。

 

あなたが一生懸命その方の宿題を考えて、ましてや書いてあげたりするたびに、見えない世界からは「ステージを上げる邪魔をしたな…?」と、疎まれます。挙句、無かったのに宿題を肩代わりしたばかりにあなたにも同じ宿題が課せられたりします。
例えば、自業自得でお金で困っている親に同情し、お金を毎月渡したりなんかすると、その方もお金の問題が発生したりします。

 

学習というものは、1人でやるものです。

人間1人1人に課せられた大きな学習は、「喜びの人生を送る事」

他人に構っているほど人生は長くありません。

 

さあ、あなたの人生を考えてください。

あなたの喜びについて考えてみてください。

悩むなら、自分の人生を輝かせる方法を。

 

それでは本日のお話は以上です。

ありがとうございました。

 

————————————————-

よいエネルギーを持って起業したいというあなたにオススメです↓
こちらをクリック

 

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

 

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

 

【YouTube】

 

 

【PodCast】

 

 

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

 

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

 

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

 

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております。

 

関連記事

  1. 緩急をつけるんだよ
  2. 自分の真実に近づく方法【前世の歴史に学ぶ旅】
  3. 【日本の言霊】4:感謝の力
  4. ビジネスは好き嫌いで選んではダメなのか?
  5. 「脱出」の約束【前世の歴史に学ぶ旅】
  6. 見えない世界からメッセージを受け取る方法
  7. 「喜びの歌が響くとき」
  8. 3歳が1000歳の可能性があるお話し
PAGE TOP