ブログ

会社で一番エネルギーが低いところ

霊視×経営コンサルティングの桜賀和愛美です。
いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。​

 

今回のテーマは

「会社で一番エネルギーが低いところ」です。​

会社で一番エネルギーが低いところはどこでしょうか?

また、その影響はどういったものなのでしょうか?

 

これは会社だけではなく、その他の公共の場所や、大勢の人が集まる施設でしたら割と高確率で当てはまります。

ちょっと考えてみてください。

1個だけではありません。場合によっては3個になる場合もあります。

 

考えられましたか?

 

結論から言いますと、「給湯室」場合により「ロッカー」「トイレ」

 

分かる方にはわかる場所ですね。

桜賀和は勤めていた時、この3つの場所でよく怪奇現象と呼ばれるものに遭遇していました。

まぁ、大したことはないですが、氣分が滅入ったり、がくっと疲れたりするのはそのエネルギーも関与していたり、場合によっては一時的に背負ってしまったりしてしまいます。

 

更に…。

もうお氣づきの方もおられるかと思います。

 

そう、この3つ。共通点があるのです。

逆に言えば、この答えが満たす場所なら、この3か所以外でもエネルギーが低くなるという事ですね。

この3つの共通点はなんでしょうか?

 

…。

はい。そうです。

 

「愚痴」「不平不満」「罵詈雑言」「妬み嫉みの言葉」が放たれる場所。

たまり場です。

 

運が良いと言われている方は知っていますが、口に出す時にそういった方は本当に良く考えています。

友野も

 

「返事や答えはすぐ出さなない。言葉を出すときはよく考えて。感情が先行しそうになった時は3秒待て」

 

と、口酸っぱく言います。

 

見えない世界でこのいわゆる「地獄言葉」を人が放つとき、どう見えているかと言いますと、

“真っ黒”です。焚火をした時に出る黒い黒い煙。ご本人はすす塗れ状態です。

そういった方は、すすけて見えます。運もどんどん下がっていきます。

自分が一番真っ黒なのですが…。それでもなお、吐き出し続けます。

 

霊能者でなくても、このような状態の人は見た目や雰囲氣で「そういう人」だと分かります。

 

「なんか貧乏くさい」

「暗く感じる」

「笑顔に違和感を感じる…」

 

施設に訪問して、ロッカーや給湯室を見させて頂くと会社がどんな状態かよくわかります。

トイレは特別な場所なのでこの件とは別に拝見しますが、地獄言葉を日常的に置き去りにされてしまう場所は、やはり同じようにエネルギーが低くなっています。

 

水回りはビジネスの上で金運に関わるとても重要な場所なのですが、見張ってなどいられませんよね。

 

社長が物陰から隠れて見てて、陰口など始まったらバッと出てきて「キミ達!!」なんて、恐いですし、身が持ちません(笑)と、いうか聞きたくもないから嫌すぎます。

 

解決策としては、

 

常に良い香りがするようにする。

常に整理整頓をしておく。

観葉植物を置いておく。

炭を置く。

掃除を氣がついたらして、汚い状態を少なくする。

明るい電気にする。

換氣をこまめにする。

トイレットペーパーなどの紙類をむき出しに置いておかない。

 

などです。

塩は管理がとても大変なので、私たちはオススメしていません。場合によっては逆効果になる可能性もあるからです。

 

あと、お花があると大変場が華やかになるのですが…、お花は大変優しい性格をしており、「あっ!?」と言う間に陰の氣を吸ったり、人に力を与えて枯れてしまいます。

 

悲しい思いをする可能性が大なので、葉っぱの観葉植物が良いかと思います。魔除けという意味でお育てになる場合は、先のとがった葉っぱの観葉植物がおすすめです。

 

参考になりましたら幸いです。

 

それでは本日のお話は以上です。​
ありがとうございました。​

 

————————————————-

よいエネルギーを持って起業したいというあなたにオススメです↓
こちらをクリック

 

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

 

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

 

【YouTube】

【PodCast】

 

 

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

 

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

 

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

 

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております。

 

関連記事

  1. “自分を信じる宗教”に入信しませんか?
  2. 運がよい経営者はオフィスのトイレをリフォームして綺麗にする
  3. ちょっと私ごと・・・
  4. 不思議な、前世と今世のお話し
  5. あなたの旅行地にたどり着く日時と交通手段を教えてください
  6. 【ある】*吉日*龍体文字
  7. 「厄」は慶び事ではらおう!
  8. 【生後二週間の記憶編】4:匂いを感じているの?
PAGE TOP