ブログ

時計台の無資格カウンセラー【前世の歴史に学ぶ旅】

霊視×経営コンサルティングの桜賀和愛美です。
いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。​

今回のテーマは
「時計台の無資格カウンセラー」です。​

​ ———————————————-

あなたは、勉強していないのにできてしまうことはありませんか?
資格も無いのに、この事を頼られることが多い…。
資格が無いからやってはいけないのか?
資格が無いからプロじゃないのか?
その答えを、探しに行きましょう。

———————————————-​

 

資格。

何かの習得。

 

けっこう躍起になって取られている方も多いですし、
資格によって人はかる方もおられるかと思います。
最終的にはコレクターになっている方もおられますね。

もちろん、資格を取らないと従事してはいけないものは省きます。
これは資格は絶対に取らなければならないので。

友野を始め、多くの経営者が言っている、

「資格って、必要なの?」

というフレーズ。

 

資格だけではなく、研修を終えた後の終了証や、皆伝書、セミナー受講…。

どこまで取れば、
どこまで勉強すれば、
そのかけた金額代を取り戻す行動に出るのか?

そして逆に、資格が無いから…、プロじゃないから…と、
持っている才能があるのに自分の中に閉じ込めてしまう、あるいは、
とんでもない安い金額で安売りしている。

そんな人、実は多いです。

 

自分のことは分かりづらい。
自分の事を軽く見やすい。

日本人に多く見られる氣質ですが、起業をする際にはかなりのブロックになります。

 

 

本質に戻りましょう。

あなたは、誰に、何をして、どうなって欲しいのか?

 

誰かの二番煎じではなく、あなたの経験と言葉でその相手に情報発信する。
そこには資格や実績は土台になっていないと思うのです。

今回のご相談者様は、まだ年若いのですが、とてもしっかりして落ち着いた方で、
人から相談を受けたり、仲裁役になったり、あまり人から嫌われる事が無い。そういったお人柄の方でした。

 

今回のご相談は進路の事。

それに紐づいた前世は、このようなものでした。

 

 

 

活気ある街。

石畳に、石の家。

商店街もあるし、人々は皆生き生きとしています。

西洋の城下町のようです。

 

そこにはこの町のシンボルのとっても大きな時計台がありました。

 

この時計台の時代は古く、何代も何代も引き継がれて、
メンテナンスをして、大事に護られてきた時計台です。

 

ご相談者様は、その何代目かの時計台の管理人の男性でした。

人々に時間を伝える事、この古い時計台の色々なカラクリが先祖代々守られて、
人々の生活を護っている事にほこりを持っていました。

 

ただ…。

 

自分は時計台の管理人だというのに、不器用で、修理などができません。
それどころか、今で言う障害があったので、自称頭が悪い、と思っていました。
誰も言っていないのに、「自分がこの時計台の管理人の血筋の中で、一番不出来な人間」そう思っていました。

 

彼には、能力がありました。

 

人の顔、人の言っていたことを記憶する事、
それから、氣配りができ、穏やかで純粋な心を持っていました。

 

「あの人、この前来た時こう言っていたから、これを用意してあげたら喜ぶかもしれない」

 

一週間ぐらい前でも、一ヶ月ぐらい前でも、そう思いだせては、せっせとその人の為にやります。
そして、お相手はというと、びっくり仰天です。そして、大体大笑いして、

 

「いつのことを覚えていたんだい!?」

 

という言葉と共に、

 

「本当にありがとう」

 

と、彼を労います。

人は、あまり他人に関心が無いもの。
心からその人を想う他人など、早々いません。

 

しかし彼は、本当に心からそうします。
人々の中には彼の愛に触れて、涙ぐんでいる方もおります。

 

そうすると…。

 

時計台の周りはいつも人だかり。
彼は人の話しをいつも「うんうん」聞いていて、いつまでも楽しそうにしています。
聞くのが苦ではないのです。そして、彼は偏見を持たず、実直に、誰にでも受け答えします。

 

時計台の管理人の中で一番劣っているどころか、
一番愛された管理人です。

 

修理に関しても大丈夫です。
彼の為に一肌脱ごうという人は沢山いるので、奥様方の話しを聞いてあげている内に、
旦那さんが数人で、あっという間に修理してくれます。

 

時計台の前でお茶をすることもあるのですが、彼が配膳を手伝おうとすると皆が止めて、
お話しの輪だけに加えて、楽しいひと時を過ごします。

 

そして、この時計台の夜なのですが、いつも決まったお客さんが来ます。

 

最初は時計台の一番上の鐘の階に、勝手に誰かが入っているのを見て大変驚きましたが、
静かに町の光景を見ている所を見ると、訳ありなのだろうと察し、怒る事はせず、静かに声をかけました。

 

勝手に登っていた男性も良く分かっていなかったようで、謝罪をしていましたが、
時折ここでこうしていていいか?と、提案をしてきました。

 

この時計台は町が良く見えます。この男性の身なりも大変良いので、
きっと街や国に関わるお仕事をしているのだろうと考え、その提案を受けました。
自分に一声かけてね。と言って。

 

なれそめはそんな感じでしたが、いつしか二人で語り合う仲になりました。
どこの誰かは知らないけれど、政治の事、人の事、町の事、土地の事。
そして、人間関係、家族関係、兄弟関係…。

 

誰かは知らないまま、彼の話しを聞く夜は、不思議な感覚がするものの、特別な時間でした。
その一つ一つに、安直に答えず、ぽつり…、ぽつり…、間を開けながら、ゆっくりご相談者様の前世の彼は答えていく。

 

夜の時計台の親友。

 

二人は深い事を話し合える仲になりました。

 

彼の正体。

それは、この国の時期王だったのです。

 

 

 

前世のご相談者様が何をしていたのか?

カウンセリングですよね。

 

技術を学んだこともなければ、資格もありません。
そもそも、この時代にカウンセラーがいたのかすら、分かりません。

 

けれど彼は、高度なカウンセリングをしていました。
なにしろ、時期王にしていたのですから。

 

ご相談者様は、現在同級生のみならず、関わる方にこのようなことをする状況が発生しており、
「何故みんな自分の所に来るのか?」と、疑問だったそうです。

 

ご相談者様がそうなったには、複合的に様々原因はあります。

 

オーラも関わりがありますし、彼女の振舞や、これまで積み上げてきた信頼などもあります。
しかし、それだけでは説明がつかないものもありますよね。

 

特技や得意な事、好きな事、何故か自分に集まる事象というのは、前世のこうした影響もあるのです。
およそ勉強しただけでは超えられないものです。

 

ご自身のやりたい事、みたい世界、そのために必要なものは習得する必要があります。
しかし、その道具に重きをおかないでください。

 

あなたから発信する人々に響くもの。
それは、もっと大切な、深いところから湧いているものなのです。

 

ご自身のやりたい事、みたい世界には、何が必要でしょうか?
どういう道を行けばよいでしょうか?

そここそが、とても大切です。

 

それでは本日のお話は以上です。​
ありがとうございました。​

————————————————-

よいエネルギーを持って起業したいというあなたにオススメです↓
こちらをクリック

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

【YouTube】

【PodCast】

 

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております。

関連記事

  1. いわゆる“発達障害”の独白
  2. 社を建てた恩返し【前世の歴史に学ぶ旅】
  3. 「厄」は慶び事ではらおう!
  4. 運がよい経営者が教える変化をする秘訣
  5. 必要なのは“やる氣”“モチベーション”ではなく「志」
  6. この春は、昨年の春にあらず
  7. 「本当の親切とは何か?」
  8. 「早くやらなきゃと早くやりたいは違う」
PAGE TOP