ブログ

病気になった人を責めるリーダーはリーダーではない

霊視×経営コンサルティングの桜賀和愛美です。
いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。​

 

今回のテーマは

「病気になった人を責めるリーダーはリーダーではない」です。

 

最初からで恐縮ですが、桜賀和の昔話に少しお付き合いください。

 

桜賀和はとある会社の出勤途中で具合が悪くなり、途中下車を繰り返しつつ会社に向かいました。

 

が、とうとうとある駅で動けなくなり、駅員さんに保護された事がありました。

 

立っていられないぐらいの具合の悪さで、常に吐き氣がしている状態で、もう家族に迎えに来てもらう他ない。

確か後程分かった結果はウイルス性の急性胃腸炎でした。

 

 

体調管理はしているつもりで、それまで欠勤はありませんでした。

 

 

途中までは「会社に行かなきゃ!」と思っていたのですが、具合が本当に悪くなるとそれどころではありませんよね。

 

ただひたすら耐えるのみです。会社に電話なんてできる状態ではありません。

 

それから家に帰る前、迎えの車の中で会社にかなり無理をして電話をしました。

 

少し良くなったからしたのですが、少し、なので以前具合が最悪に悪いままです。すぐに病院に行かなければなりません。

 

しかし、電話に出た上司はこう言いました。

 

 

 

「もっと早く電話してよ。もう就業時間とっくに過ぎてるよ?何で電話できないの?」

 

 

・・・。

この人は病氣をした事がないのだろうか?

というか、人の心が無いのだろうか・・・?

 

 

 

疑問に思いながらも、若いこの時の桜賀和は「は…はい。すみません」と、言ってしまいました。まだ人に流されていた時期です。

 

 

結局良くなって出勤すると彼はまだ怒っていて、説教タイムが待っていました。

 

良く聞くと、彼はなんと、病氣らしい病氣をした事が無いそうです。

 

そんなアホほど頑丈な人間がいるとは…。

平均体温37度オーバーで、食べて寝ればすぐ治るそうです。

羨ましい。

 

 

そりゃあ、弱っている人間の事など分かりません。ある意味納得です。

彼のその後は知りませんが、私はこういったリーダーにはついていきたくないなと当時思いました。

 

 

 

 

リーダーとは、任命されてなるものではありません。

 

真の優秀なリーダーは、集団に認められてなるものです。

任命されてただリーダーをしているならば、ただ肩書きだけのリーダーです。

 

 

優秀なリーダーは集団が動きやすいように、全体を見て細かな調整をしたりします。

誰も不安に思わないよう常に笑顔で、集団を後押ししてくれます。

 

 

「今日もスムーズに仕事ができ、目標達成した」と、仕事終わりに感じるというのは、リーダーの努力あってこそです。

 

 

また、優秀なリーダーは偏見を持ちません。問題点はどこなのか?という点に注目してくれます。

解決はあっという間です。彼らは物事の本質を見ています。

 

 

そして、ダメな時。その時は本当に真剣に、相手の成長を想って叱ってくれます。そうすると、

「あ、この人にもう怒られないようにしよう。この人に褒められるような自分になろう」と、思います(笑)

 

その人のために仕事で成果を出そうとするのです。

 

 

 

自分の正義や思想、自分の勝ちパターンが相手も同じとは限りません。

 

 

例えば、こんな実験がありました。

リンゴが好きなグループとブドウが好きなグループに分けて、反対側の果物の好きな理由をもって討論するというものです。たしか、海外の小学校で行われたと思います。

 

知らされていなかった子供たちは、慌てながらもリンゴのグループはブドウを、ブドウのグループはリンゴが好きな理由を言い、討論しました。好きではない果物の好きな所を上げ、討論するのは最初はぎこちないものの、段々と白熱するという、不思議な現象が起きました。

 

そして終わった頃にはどちらにも良いところがあるのだと、理解し合ったというのです。

 

 

 

 

自分の考え、自分の世界が正しいと思うと真実が正しく見えません。

 

相手が言う言葉、行動、態度には必ず相手なりの何かがあるのです。

 

それを知った結果「くだらない」と自分の物差しで測ると解から遠のきます。

 

 

 

しかし、ここで「リーダーにわかって貰えてない」と感じている方で勘違いしてはいけないのは、だからといって自分に甘くして良いというわけではありません。

 

仕事を積極的、前向きに行えてない人間、成長しない人間は会社からしたら要らない存在です。

 

体調管理は仕事の内で最も重要です。自分の体を知り、事前に対処するのはマナーです。

 

さらに、いたらない所を叱られるのは当たり前ですし、毎日出勤するのも当たり前です。

 

ここは最低限努力しなければならない、社会人としての義務なのだという事です。

 

 

それを徹底してなお、会社を休まなければならない状態になった。

それは本当に仕方のない事です。

 

 

 

人間は機械じゃないんです。

1人として同じ人間はいないんです。

ダメな日もあるのです。

 

 

そしてそれは、リーダーもそうです。

 

 

会社という組織には、本当に十人十色様々な人がいます。それをまとめるというのは大変な事です。

 

しかし、話しをちゃんと聞いて、本当の問題点、ボトルネックを見つけ、対処する。

 

 

そうするとそのリーダーのチームは輝き出し、「あなたのチームで働かせてください!」と言う方が出て来ることでしょう。

 

 

リーダーの皆さん。

「あなたのチームで働かせてください!」

 

と、輝いた目で見られるようになり、ランクアップしていってください。そして、じゃんじゃん業績を上げてください。

 

 

それでは本日のお話は以上です。​
ありがとうございました。​

 

————————————————-

よいエネルギーを持って起業したいというあなたにオススメです↓
こちらをクリック

 

「みえない世界」の力を日常に生かすヒントを得られると起業家に好評のメルマガです↓
こちらをクリック

 

我が弟子、桜賀和愛美のマンガ中心のブログです↓
桜賀和愛美ブログ

 

【YouTube】

【PodCast】

 

 

【あなたのビジネスの悩みを霊視で解決】

 

経営者は悩みが尽きないものです。
あなたは人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視」で解決してみませんか?

 

「ビジネス霊視」は
・当鎌倉オフィスにお越しいただいての「対面形式」
・Zoomを活用した「オンライン形式」
をお選びいただけます。

 

「オンライン形式」は、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

あなたのお申込みをお待ちいたしております。

 

関連記事

  1. 【ピンチはチャンス】*吉日*龍体文字
  2. 「心から笑ったのは、いつですか?」
  3. 【人生で人が変わる時】5:一生懸命努力した時
  4. 会社で一番エネルギーが低いところ
  5. 地球という星は「多次元」
  6. 【文章を書く秘訣編】3:書く前の準備は?
  7. 【日本の言霊】1:文字の力
  8. あなたの存在の価値を知る
PAGE TOP