ブログ

個人の欲求が世界を変える

★使命で起業したい「ひとりビジネス起業家」★
使命を仕事にして7桁の売上を出していく

霊視×経営コンサルティングの友野高広です。

いつもご覧くださいまして、本当にありがとうございます。

起業したい理由の中に、社会貢献をしたいというものがあります。

「私は社会をよくしていきたいから起業するのです」というものです。

とても立派な起業理由ですね。
そのような志があれば、成功しますね。

と、世間的には言われていたりするのですが、それって、本当に本当なのでしょうか?

あえて批判されるのを覚悟の上で言うのですが、それは、真っ赤な嘘です。

偽善者の考えです。

よく考えていただくと分かるのですが、起業というのはボランティアではありません。

起業するということは営利が目的です。

もちろん、社会貢献したいという氣持ちを否定するつもりはありません。

しかし、社会貢献だけが起業する理由なのであれば、起業して成功するのは難しいです。

なぜなら、本当の自分の想いがそこには入っていないからです。

もっといってしまえば、それが目的ではないからです。

起業する理由が、社会貢献と言われている方は、そう言えば、なんとなく「カッコいいから」とか、「体裁」が保てるから、という感じの方が多いです。

そうではなく、たとえば、こうだとしたらいかがでしょうか?

私は自分のイメージ通りに社会が変わった姿をみてみたいのです。
だからこそ、起業をすることにしたのです。

どうでしょうか?

一見すると似ていますが、似て非なるものです。

なぜなら、上記は「自分が想像した光景をみてみたい」からという、いたって「個人的な欲求」による理由で起業したものです。

しかし、その人が「みたい光景」を、他の人も共感して「みてみたい」となったら、それって、もはや「個人的な欲求」を超えるものになります。

これは、たとえば、アップル社のスティーブ・ジョブズが「iPhone」を生み出したときの発想に似ています。

あなたが知っての通り、「iPhone」が誕生したことによって、世界が変わりました。

しかし、ジョブズは、世界が変わることよりも、「iPhone」をみたい欲求が強かったはずです。

つまりは、一個人の「自分が想像した光景をみてみたい」という欲求が世界を変える原動力だと思うのです。

いかがでしょうか?

あなたが「みてみたい光景」は、他の人にとっても「みてみたい光景」でしょうか?

「みえる世界」と「みえない世界」が繋がるヒントを得られると起業家に好評のメルマガです。⇒天言メッセージ(あなたへの天からのメッセージ)

起業したい人にも、既に起業されている人にも、具体的な「みえる世界」と「みえない世界」の力を活かせるヒントが得られると好評のビジネスメルマガです。⇒こちらをクリック

我が弟子:桜賀和愛美のブログです。
ぜひ、ご覧くださいませ。⇒桜賀和愛美ブログ

10月の「魂の開放授業」では、ハロウィン特別企画として開催します。

今回は「スピ×祭り×ビジネス」というテーマとしてハロウィンというものを多角的に捉え、また、お祭りはビジネスの原点ということで、私たち霊視経営コンサルタントの視点で、ハロウィンを代表とする「お祭り」をビジネスに取り入れるヒントについて、お話をいたします。

今回は、開催日が10月31日ハロウィンということもあり、ちょっと仮装して、ご参加をされてみてはいかがでしょうか?

もちろん、私たちも仮装をして登場いたします。

詳細はコチラをご覧ください。
↓↓↓
魂の開放授業

追伸:
ぜひ、YouTubeやPodcastも、合わせてご視聴いただけましたら幸いです。

 

▶起業家向けの霊視鑑定についてご案内

あなたは、人生や仕事について、お一人で悩んでいませんか?
そのお悩みを「霊視鑑定」で解決してみませんか?

霊視鑑定は「オンライン」もありますので、誰にも知られずに、
ご自宅からご相談をいただくことができます。
もちろん、遠方の方や海外の方でも対応可能です。

ぜひ、勇氣を出してクリックしてみてください。

あなたのお申込みをお待ちいたしております照れ

※当鎌倉オフィスにお越しいただいての対面形式もあります。

 

関連記事

  1. 【開運】運がよくなるオフィス移転の方法を知りたくないですか?
  2. 与えるということの本当の意味~⑤ギバーだけではいけない
  3. 【開運】あなたの知らない職人の世界
  4. 【開運】オフィスが霊的な影響を受けている場合の対処法とは?
  5. 起業を目指しているあなたはどんなタイプでしょうか?
  6. 霊視経営コンサルタントとは?~②みえない世界は存在する
  7. 【開運】占い師?霊能者?私はどっちがいいのでしょうか?
  8. 【開運】60歳を超えていても起業はできるのか?
PAGE TOP